体質改善をしてダイエットする どうしたら痩せる?

体質改善をしてダイエットする

 

体質改善をすることでダイエットができるといいます。たくさん食べても太らない人と少し食べてもすぐ太ってしまう人がいますが、太らない体質というのは生まれつきなのでしょうか。太らない体質になるかならないかは遺伝子によって決められています。

 

民族的にみると日本人は太りやすい遺伝子を持っているといいます。欧米人と比較すると日本人は痩せやすい遺伝子に恵まれているようです。古来からの食習慣によって、日本人は太りやすく、痩せやすい遺伝子をつくってきているといいます。

 

日本人の食事は、低カロリーで太りにくいものが多く、これか理由だといいます。現代では、日本人の間でも、肥満体型の人が増加傾向にあります。ダイエットをしようとして極端な食事制限をすることによって太りやすい体質に変化してしまっているのがそのひとつです。

 

体に栄養が足りなくなって、ますます脂肪が燃やせない体質になってしまいます。脂肪を蓄えやすい体質にダイエットが原因でなってしまうということです。ダイエットによって太りやすくなってしまった体質を改善しなければ上手に痩せることができないといえます。

 

食生活が、肉を乳脂肪を多く摂取する欧米スタイルにシフトしたことも、体質が変わった要因にあります。ダイエットのために体質改善には、まず食事の内容を改善します。和食を増やし、栄養の偏りがない、健康的な食事を規則正しくとりましょう。

 

 

体質改善とダイエットの関係

ダイエットと体質改善には非常に深い関係があります。体質改善がうまくできればダイエットも自然にすることができるともいえます。体の中に溜まった水分が蓄積されると、むくみという症状が起こります。

 

むくみが起きる原因には、筋肉に疲労や塩分の摂りすぎなど様々な原因があります。むくみはダイエットの大敵です。体質改善によって、体内に貯め込まれているいらない水分を排出することができれば、むくみが出ず、ダイエットがしやすい体質になれるでしょう。

 

人工合成化合物など、人体に有害な影響がある成分も本来は水分によって体外に出すものですので、水分排出が滞ると毒素も体に残留します。体に毒素が溜まったままだと、正常な新陳代謝が望めなくなってしまいます。

 

ますます老廃物が体内に蓄積され、脂肪燃焼もされにくくなってしまうので痩せにくい体質になります。体質改善することでむくみを防ぎ、体の新陳代謝を活発にすれば、ダイエットにも有効だといえるのです。体質改善をするとダイエットだけではなく、健康にも良いといいます。

 

血流がよくなり、体内をリンパ液が巡りやすくなりますので、毛細血管にまで栄養素や酵素が届けられます。その結果、人体を構成する機能が動きやすくなります。体質改善をしっかり行えば、ダイエット効果だけでなく、健康増進にもなります。

 

 

ダイエットのために体質改善する方法

体質改善をすることで健康的にダイエットができるようですが、どのような方法で体質改善をしたら良いのでしょうか。体質改善の基本となるのはなんといっても毎日の食事です。食生活の改善をすることで体の中から健康になりダイエットにも効果があります。

 

中でも主食の改善がポイントになります。日本人の主食の中心は米ですが、体質改善をしたい人は白米ではなく雑穀米や玄米を食べるようにしましょう。胚芽や米ぬかがついたままの玄米や、雑穀米では、白米では摂取できない様々な栄養成分を摂取できます。

 

鉄分、ビタミンB、食物繊維など、玄米からは白米にはない栄養が補給できます。玄米や雑穀米は白米よりも脂肪燃焼を促しやすく、痩せやすい体に体質改善をすることができるのです。ダイエットのためにも白米ではなく玄米や雑穀米を食べる習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

水分をたくさん摂ることも体質改善につながります。ミネラルウォーターをできるだけ摂取し、体の中に溜まっている毒素を体外へ排出することができます。体の中に水分が十分なければ毒素や有害物質を排出することはできません。

 

水道水を飲むよりは、みねらるが豊富なミネラルフォーたーを購入してきて、飲むようにするといいでしょう。代謝の高い、ダイエットに適した体質改善をするために、水分を積極的に取り入れて代謝アップを狙っていくことでしょう。