バストの理想の型とは

バストの理想の型とは

女性の間では、

 

「バストアップをしたい」と思っている方は、結構いらっしゃるようです。

 

ご自分のバストは他人と比べてどんな感じなのかというのが気になるポイントですよね。

 

なかなかわから無いものです。

 

他人の裸と自分の裸を比べる機会もそうそうありませんし、グラビア写真を見て、なんとなく他人の胸がわかる程度かもしれません。

 

もちろん、バストには個人差があり、大きさも形も様々です。

 

バストアップを目指している方は、現在の自分の胸はどうなのか気になるものです。

 

ここで一般的な胸のタイプをご紹介します。

 

自分はどれに当てはまるかチェックしてみてください。

 

小さいバストでトップとアンダーバストを測定したときにその差があまりないタイプ。

 

ふくらみがないバストを「扁平型バスト」と呼びます。

 

この扁平型バストが一番小さいタイプになります。

 

扁平型バストより、もうちょっと、ふくらみがあって、トップとアンダーバストの差がそれほどない、お皿を逆さに置いたような形のバストを

 

「皿型バスト」と呼びます。

 

また、扁平型でもなく、皿型でもなく、乳房の先から乳首にかけて、反っているもの、かつ、上を向いているタイプを

 

「三角型バスト」と呼びます。

 

一般に「胸がない」と言われる、小さなバストは、扁平型、皿型、三角形型、この3タイプに分けられます。

 

お皿ではなく、おわんを伏せたような、ふくよかなバストはなんと呼ばれるでしょうか?

 

これは、球の半分ということから「半球型バスト」と呼ばれます。

 

半球型が一番バランスの良い、美しいバストといわれています。

 

バストアップサプリメントで、この半球型を目指すことは十分に可能です。

 

ピュアプエラリアの公式ページをご覧下さい。